「毛穴が臭う」と聞いてピーンと来た人も多いはず。毛穴からは汗や皮脂が常に分泌されていますし、汗や皮脂に交じって老廃物や毒素なども排出されています。また、ホコリなどの汚れも毛穴の中には詰まりやすいですよね。毎日の洗顔によって、こうした汚れや汗、皮脂などはある程度は洗い流すことができますが、完全に毛穴がきれいになるというわけではありません。

 

毛穴から悪臭が漂うという場合には、毛穴の中の何かが臭いの原因となっていることは間違いありません。一体、何が毛穴を臭くしているのでしょうか?

 

■汗
基本的に、汗はほとんど水分なので無臭です。しかし、分泌された汗の中には、肌の表面に常駐している細菌たちが大好きな成分を含んでいる汗もあり、汗が肌の表面に長時間残っていると、細菌たちはエサを食べてどんどん繁殖してしまいます。細菌が繁殖する時には特殊な臭いを発生させるのですが、これを汗の臭いとして感じる人も多いようですね。

 

■皮脂
私たちの毛穴からは、皮脂も分泌されています。同じ毛穴から分泌されている汗と皮脂ですが、汗はニオイなのに対して、皮脂は臭いの根源。それもそのはずです。食べ物で摂取しすぎた過剰な皮脂が毛穴から分泌されたり、ストレスや疲れを感じると血液の中では活性酸素が大量に発生し、それが皮脂分泌を活発にしてしまいます。そうして分泌された皮脂は、肌の表面で汗と交ってしばらく放置されますが、その時に空気に触れることによって酸化してしまいます。皮脂が酸化すると、それは細菌たちの美味しいエサとなり、細菌たちが増殖する時に発生する嫌な臭いが、皮脂の臭いとして臭くなることもあるわけですね。

 

毛穴の臭いが気になる人は、汗や皮脂の臭いが強くなっている人もいれば、体臭自体が強いという人もいます。汗や皮脂の臭いが強い場合には、毛穴を詰まらせないように毛穴ケアをしながら、皮脂分泌を活発にする食べ物は避けるようにしたり、汗が詰まらないように普段から汗をかく習慣をつけることもおすすめです。

 

お得な毛穴ケア商品をアマゾンで探す!

 

美顔器 当サイト人気ランキングを見る!