間違ったスキンケアをしていると、毛穴が開いてしまったり、毛穴を傷つけて炎症を起こしたり、毛穴に角栓が詰まりやすくなってしまったり、また、色素沈着によって毛穴が黒ずんでしまうこともあります。毛穴に詰まった皮脂や汗は、毎日の洗顔でこまめに洗い落としてあげることが、毛穴トラブルを解消するためには必要なのですが、頑張ってはいても、なかなか思ったように毛穴ケアができないことも少なくありませんよね。

 

スピーディに毛穴の汚れが取れるという市販の毛穴パックやピーリング剤を試す人も多いのですが、市販の毛穴パックは注意が必要です。それは、毛穴に詰まっている角栓や皮脂を、無理に閉じている毛穴の中から引き抜くわけですから、どうしても毛穴の表面が傷みやすくなってしまうのです。市販の毛穴パックを繰り返していると、少しずつ毛穴が広がりやすくなったり、毛穴が閉じにくくなってしまい、余計に毛穴が詰まりやすくなることもあります。

 

それでは、毛穴トラブルは、どんなパックをすれば解消できるのでしょうか?

 

美容界の重鎮でもある佐伯チズ先生によると、毛穴パックと言っても、詰まっている毛穴を無理矢理引き抜くようなパックはご法度なのだそうです。先生が毎日行っているパックは、毛穴の表面を柔らかくして伸びやすい状態にしてから、溶かして出すのが良いのだとか。その為には、毎日の洗顔タイムが活躍してくれるのですが、定期的に毛穴パックをすることも良いのだとか。しかし、市販の毛穴パックではなく、肌に負担をかけない毛穴パックを使うのがおすすめです。

 

その方法の一つに、ベーキングソーダ(重曹)を使ったパックがあります。ベーキングソーダをお湯で時、毛穴が気になる場所に塗ってしばらく放置すると、重曹の粒子が毛穴の中に入り込んで、中の皮脂や黒住成分を分解してくれます。毛穴に負担がかかりませんし、一度のパックでも結構な効果が期待できるので、おすすめですよ。

 

お得な毛穴ケア商品をアマゾンで探す!

 

美顔器 当サイト人気ランキングを見る!