肌のターンオーバーのバランスが崩れると、毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなったり、角栓ができやすくなったり、また、そうした皮脂や角栓が空気に触れて酸化して、黒ずんだ毛穴になってしまうことがあります。また、毛穴が詰まっていると、ニキビができやすくなってしまいます。毛穴の悩みを解決するためには、普段のスキンケアで、毛穴を詰まらせないような洗顔を心がけたり、肌の表面にいつまでも残っている古い角質を取り除くピーリングを行うなどの工夫が必要です。

 

ピーリングは、肌の表面に残っている古い角質を取り除くという美容ケア。一見すると、毛穴の開きや皮脂のつまりには関係なさそうな感じもしますが、実はピーリングは毛穴ケアにはとてもおすすめの方法なのです。

 

ピーリングをすると、肌の表面に堆積している古い角質が剥がれ落ちます。そうすると、その内側にある新しい肌細胞が現れます。新しい肌細胞は古い角質細胞と比べると、水分もたっぷり含んでいますし、空気に触れている時間が短いので、酸化もしていません。つまり、老化した肌細胞と、赤ちゃんの肌細胞というぐらいに雲泥の差があるわけです。

 

ピーリングと言っても、自宅でできる簡単なピーリングもあれば、美容皮膚科などで受けるケミカルピーリングなどもあります。ケミカルピーリングは、化学薬品を使って強制的に肌の角質細胞をはがすため、施術後には数週間のダウンタイムが生じてしまいます。その間は外出することも難しくなるので、施術を受け継場合には、施術後のダウンタイムも考えながらスケジュールを組んだほうが良いでしょう。

 

ダウンタイムが確保できない人や、化学薬品を使ったケミカルピーリングが不安な人は、自宅で使えるピーリングアイテムがおすすめです。それほど強力ではないのでダウンタイムも発生しませんし、週に1度の集中ケアとして使えば、お肌がツルツルになりますよ。ピーリング剤はネットショップでもドラッグストアでも購入できるので、興味がある人はぜひお試しください。