スキンケアラインもラインナップされてはいるものの、ハンドクリームとしての絶対的な地位が確立されているため、ニベアと言えばハンドクリームをイメージする人も多いドイツのブランド「ニベア」。ニベアの中でも、王道的な青缶のハンドクリームは、高い保湿効果もありますし、スピーディにカサカサの肌をモチモチに変えてくれるということもあり、冬になると飛ぶように売れるほどの人気。ロングセラー商品としても知られています。

 

実はこのニベアの青缶は、毛穴ケアにも効果的ということはご存知ですか?

 

「ハンドクリームを顔に塗ったらどうなっちゃうの??」と心配してしまう人も多いのですが、実際に青缶のクリームを毛穴が気になる部分に塗ってみると、肌の保湿効果や再生効果によって、毛穴が目立たなくなるのだとか。しかし、使い方を間違えてしまうと、顔がベタベタしてしまうので、ニベアで毛穴ケアするためのコツをご紹介しましょう。

 

ニベアの青缶を使ったことがある人は分かると思いますが、このハンドクリームはテクスチャーがかなり固めになってします。その為、乾いた肌に塗ると、クリームを延ばすのがかなり大変。クリームを延ばそうとゴシゴシする間に、肌を傷つけてしまうことにもつながります。青缶のニベアを使う時には、肌は少しシットリしている状態で使うのは大前提です。また、固いテクスチャーのニベアでも、手のひらに乗せて温めてから使えば、テクスチャーが柔らかくなるので使いやすくなりますよ。

 

ニベアの青缶を使って、小鼻のあたりのイチゴ肌が改善されたという人は少なくありません。ニベアには皮脂分泌を抑える作用はありませんが、肌の乾燥を防いで保湿してくれる作用があります。肌の乾燥が原因で小鼻の皮脂分泌が過剰になっている人なら、ニベアを使ったスキンケアでスピーディに皮脂分泌を改善して、イチゴ鼻を原因から解決することも可能です。

 

ニベアはドラッグストアなどでも購入できますし、何よりもリーズナブルに変えるのが嬉しいですね。顔につけても良し、手に塗っても良し、とても便利なアイテムです。